♠︎のんびりきこりんblog♠︎

生まれ変わったらハシビロコウになりたい私。 Instagram:kikorin_blog Twitter:@kikorinblog

【スパイダーマン】実写映画をいっきにご紹介!!見どころや違いも解説!!

f:id:kikorinblog:20190618195644p:plain:w600

あなたの親愛なる隣人スパイダーマン

スパイダーマン、名前を聞いたことがない人はほとんどいないんじゃないでしょうか?
マーベル・コミックのスーパーヒーローで、実写映画もなんと6作品もあります!
そして、今月6月28日にスパイダーマン・ファー・フロム・ホームが日本でも上映されますよね!
今回は映画が公開される前に、実写映画6作品を振り返りましょう!
作品のそれぞれの違いもしっかりと解説していきます!
※ネタバレが少し含まれます。

スパイダーマン

f:id:kikorinblog:20190618193148j:plain:w500
出展:https://filmarks.com/

全世界で大ヒット作品となりました。
興行収入1億ドルをオープニング成績のみで達成した初めての作品です。
最終的には北米だけで4億ドルを記録したそうです。

あらすじ

両親を早くに亡くし、伯父夫妻に育てられたピーター・パーカー。
ミッドタウン高校に通う彼は、科学好きで人一倍オクテ。隣に住む幼なじみのメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)にもなかなか思いを告げられず、学校でも酷いイジメを受ける、悶々とした毎日を送っていた。
ある日、ピーターは社会見学でコロンビア大学の研究室を訪れ、そこで遺伝子改良を施された新種の蜘蛛「スーパースパイダー」に噛まれてしまう。
激しい悪寒に襲われるピーターだったが、翌朝目覚めるとその体には驚異的な視力と体力が備わっていた。
さらには手首からクモの糸が飛び出し、手のひらから生えた細い毛により指先だけで壁をよじ登れるようになっていた。
小遣い稼ぎなど私利私欲のためにその力を使ったピーターだったが、自分のミスから愛するベン伯父さんを強盗に殺されてしまう。
力の代償を深く受け止めたピーターは正義のために尽くすことを決意。
高校を卒業した彼は、特注のスーツを身に纏い「スパイダーマン」としてニューヨークにはびこる悪と闘い、人命を救助する毎日を送ることになる。
引用Wikipedia

ただ楽しいだけではなく、苦しみや葛藤もあります。
ストーリー性も抜群で、スパイダーマンとヒロインが逆さまキスをしているスパイダーマンらしいところが作品の中で一番好きです。
スパイダーマンが徐々に一人前になっていく展開が上手く描けていて感情移入がしやすい作品だと思います。

スパイダーマン

f:id:kikorinblog:20190618193209j:plain:w500
出展:https://filmarks.com/

スパイダーマンの2作目で、最先端技術のビジュアルエフェクトが高く評価されました。
そして、第77回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しました。

あらすじ

グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。
ピーターはスパイダーマンとして日夜悪と闘いながら大学にも通っていた。
しかしヒーロー稼業の忙しさゆえに大学(コロンビア大学で物理学専攻)は落第寸前。
せっかく見つけたピザ屋のバイトもクビになってしまった。
そんな中ピーターは、メイおばさんが開いてくれた誕生パーティーでMJとハリーに久々の再会を果たす。
しかしゴブリンの一件以来MJとの距離は広がり、ハリーともどこかぎこちなくなっていた。
ある日、ピーターはハリーの紹介で尊敬する科学者オットー・オクタビアスと出会う。ハリーは父ノーマン亡き後、オズコープ社の社運を賭けた核融合プロジェクトを仕切っており、その中心人物がオクタビアスだったのだ。
オクタビアスはピーターを好意的に迎え入れ、科学に寄せる情熱を力説した。
妻ロージーとも仲むつまじいオクタビアスは、ピーターにとってまさに理想の存在だった。 引用Wikipedia

電車を止めるシーンは有名ですが、まだ見ていない方はぜひ観てください。
一度スパイダーマンを、辞めた時もまた復帰した時も感動します。
今回は見逃してはいけないシーンが山ほどありました。

スパイダーマン

f:id:kikorinblog:20190618193225j:plain:w500
出展:https://filmarks.com/

スパイダーマン2の続編です。
製作費に映画史上最高額となる2億5800万ドルも投入され、キングコングを超えて過去最高額に。
日本でも、公開初日から観客動員数は約517万人前2作を大きく上回り、興行収入も71億円を記録したそうです。

あらすじ

今やニューヨークの象徴として、市民に愛される存在となったスパイダーマン
その正体であるピーター・パーカーも学業の傍らで愛するメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)との交際を続け、順風満帆な日々を過ごしていた。
MJも女優としての活動を続けており、ついに念願のブロードウェイ・デビューを果たすまでに。
ピーターはMJへのプロポーズを決意し、メイおばさんにその事を打ち明けた。
「MJを幸せにする」と言うピーターに、おばさんは亡きベンおじさんがくれた婚約指輪をそっと託すのだった。
そしてメイおばさんの家からアパートに戻る途中で、ピーターは最新鋭の装備に身を包んだ「ニュー・ゴブリン」こと親友ハリー・オズボーンの襲撃を受ける。ハリーはピーターが父ノーマンを殺したと思い込み、密かに攻撃の機会を窺っていたのだ。
執拗に攻撃を仕掛けるハリーと、おばさんのくれた指輪を守りながら攻撃をかわすピーター。
しかし闘いの末、ハリーは頭部を強打する。病院に運ばれ意識を取り戻したハリーは、父が死ぬ以前から最近までの記憶と、ピーターへの憎悪を失っていた。 引用Wikipedia

スパイダーマンの良さは、完全無敵のヒーローではなくて人間味に溢れているところがとても大好きです。
そして、ヴェノムも出てくる3は一番見どころが多かったです。
すべてがハッピーエンドというわけではないので好みが分かれると思います。

アメイジングスパイダーマン

f:id:kikorinblog:20190618193242j:plain:w500
出展:https://filmarks.com/

スパイダーマンリブート作品で、監督とキャストを新しく迎えて高校時代からふたたび描かれています。

あらすじ

両親を亡くし叔父のベンと叔母のメイのもとで育てられたピーター・パーカーは、ある日、父のリチャード・パーカーが残したバッグに隠された資料を見つける。
父について知りたいピーターは、父の研究者仲間だったコナーズ博士に近付くため、オズコープの公開実習に参加する。
単独で行動し侵入した「バイオケーブル」の開発室で遺伝子組み換えされたクモに刺され、博士の下で実習している同級生のグウェン・ステイシーに追い出されてしまう。
その帰りの電車の中でピーターは驚異的な身体能力に目覚める。
後日、ピーターはコナーズ博士の家を訪ねリチャードの息子であることを明かし、父の資料にあった式を教えた。
ピーターはオズコープに出入りするようになり、コナーズ博士と共に爬虫類の再生能力を転用した薬品の開発を成功させる。 引用Wikipedia

エマストーン(グウェン役)が可愛すぎました。
個人的にはキャストも話もアメイジングスパイダーマンのほうが好きです。
グウェンのお父さんの最後の言葉もかっこよくてジーンときました。

違い

初期とは監督が違い、今作はマーク・ウェブ監督です。
そして、前作のリブート作品とはいえ主人公ピーター・パーカーの性格ががらりと変わっています。
物語もスパイダーマンはコミカルな印象ですが、シリアスなシーンが多くなっており賛否両論があります。
糸の出し方も異なっており今作は「ウェブシューター」という道具を手首につけています。

アメイジングスパイダーマン

f:id:kikorinblog:20190618193257j:plain:w500
出展:https://filmarks.com/

アメイジングスパイダーマンの続編で、最終作品です。
グウェンのラストが話題になった作品でもあります。

あらすじ

オズコープの科学者であるリチャード・パーカーは失踪理由をビデオメッセージに記録する。
リチャードと妻のメアリーが乗ったプライベートジェットは暗殺者にハイジャックされ飛行機は墜落し、リチャードとメアリーは死んでしまう。
二人の息子であるピーター・パーカーはスパイダーマンとしてニューヨークの犯罪と戦い続けていた。
スパイダーマンはトラックで暴走するアレクセイ・シツェビッチを逮捕し、そのまま恋人グウェン・ステイシーが待つ高校の卒業式へ向かう。
ピーターは彼女の亡き父ジョージと交わした「彼女を危険に巻き込まないために別れる」という約束を果たせず苦しんでいた。
その頃、ピーターの旧友ハリー・オズボーンがマンハッタンに戻ってくる。
ハリーはオズコープのCEOノーマン・オズボーンの息子であり、父の死後、ハリーは20歳でオズコープの新CEOに就任する。
オズコープで働くマックス・ディロンは、街の送電システムを設計した優秀な電気技師だったが、その冴えない風貌と性格から誰からも好かれず、自身の命を助けてくれたスパイダーマンに異常な執着を見せていた。 引用Wikipedia

なんといってもラストシーンの衝撃が大きすぎて、そこ以外あまり覚えていません。
続編が、打ち切りになってしまったのは残念ですが2作でも十分に楽しませていただきました。

スパイダーマン・ホームカミング

f:id:kikorinblog:20190618193316j:plain:w500
出展:https://filmarks.com/

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で、この作品のスパイダーマンが登場していますが、その物語の直後の話になっています。
スパイダーマンになった経緯などはこの作品では省かれています。

あらすじ

ニューヨークでのアベンジャーズとチタウリの戦いの後、瓦礫撤去を任されていたエイドリアン・トゥームスは、トニー・スタークと政府が設立したダメージコントロール(損害統制局)によって職を奪われてしまう。
行き詰まったトゥームスは政府に未提出だったチタウリの残骸を再利用してハイテク兵器を作り、密売することで利益を得ようと思いつく。
それから8年後、クイーンズに住む高校生のピーター・パーカーはアベンジャーズの内乱の際にトニーに見出される。
ピーターはトニーに大きな活動領域こそ認められなかったが、彼によって開発されたスーツを貰う。
自身の片思い相手リズが所属するアカデミック・デカスロン(学力コンテスト)の部活動参加を疎かにする一方で、ピーターは「親愛なる隣人」スパイダーマンとして、街の犯罪行為を阻止するための活動に勤しんでいた。 引用Wikipedia

今作の主人公はギャグセンスが一番高く、最近の面白い映画だなと思いました。
アベンジャーズの話も出てくるので、そちらも観たほうがより楽しい作品になると思います。
戦い方に幅があるので、そちらも今作の一番の見どころです。

違い

こちらも監督が違い、ジョン・ワッツ監督です。
そして最大の違いは、親愛なる隣人のスパイダーマンとしてのヒーロー活動ではなくアベンジャーズに入るため、トニー・スターク(アイアンマン)に認めてもらうための一環としてヒーロー活動をしているところです。
そして、ピーターも15歳と若く設定されています。
今作のスパイダーマンマスクを外して食事をしたりと実写のスパイダーマンシリーズでは観ることができませんでした。
ですが、この食事のシーンはコミックでは定番だそうで、この作品のスパイダーマンコミック版のイメージに近いのではないかと思います。

よく見れば違いがありますね

映画公開が楽しみ

全シリーズを観てきた私ですが、アメイジングスパイダーマンが一番好きでもやっぱりアベンジャーズは好きなので、28日公開のスパイダーマンの内容が凄く気になってしまします。
みなさまもぜひ一度全シリーズに目を通して違いを見つけてみてください!

それではこのへんで!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村