♠︎のんびりきこりんblog♠︎

生まれ変わったらハシビロコウになりたい私。 Instagram:kikorin_blog Twitter:@kikorinblog

雨でも観たいちょっぴりホラー映画2作!『ホーンテッドマンション』『アダムス・ファミリー』

f:id:kikorinblog:20190613213134j:plain:w600

もう、関東の方は梅雨入りでしょうか?

関西ももうすぐ梅雨に入りますが、雨が続く日は外出が億劫になりますよね。
そんな時には、映画を観ましょう!

蒸し暑くなってくるこの季節、涼しくなるホラーでも良いですが今回はホラーとコメディが混ざったひやひやしながらも楽しく観れる映画を2作一気にご紹介!
本来なら、ハロウィンやクリスマスに観るような映画ですがお気になさらず!
※少しネタバラシあります

ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンション  (吹替版)

Disneyの、人気アトラクションをテーマに2003年に作成され映画化しました。
監督はロブ・ミンコフ(スチュアート・リトル等)、主演にエディ・マーフィービバリーヒルズコップ等)シュレックに出てくるロバ(ドンキー)の声優もやっています。

あらすじ

ジム(エディ・マーフィ)は妻のサラ(マーシャ・トマソン)と不動産業を営んでいた。
ある日、サラの元にエドワード・グレイシー邸の執事ラムズリー(テレンス・スタンプ)から突然「屋敷を売りたい」という電話が入る。
しかし、指定された当日は湖に家族旅行に出かける予定だった。
旅行を優先させようとするサラとは反対に、ジムはクモ嫌いで臆病者の息子・マイケルと強気で我も強い性格の娘・メーガンも連れて旅行のついでにその屋敷へ向かうこととなる。
屋敷での打ち合わせを終え、いざ旅行に向かおうと屋敷を後にしようとするも、突然の大雨で足止めを食らってしまい、屋敷で一夜を過ごすことになる。 引用Wikipedia

主演が良いから何回でも観れる

この映画、ホラー映画ですが実はコメディー映画でもあります。
90年代風な映像感になっているので、もしかしたら小さなお子様には怖い映画かもしれません。
小学生の時に初めて観たのですが、その時は映像も暗く怖かった覚えがあります。
ですが、何度も観ていると「あ、これ、ギャグだ」となりました!

主演のエディ・マーフィーが面白くて、様々な顔芸を披露してくれますので終始笑ってしまいます。
なぜかマーフィーさんのする役は私のツボを押さえているのですよ。(特にチャーリーと14人のキッズ

ホラーテイストのファンタジー映画で、さすがDisney映画です。
何人でも楽しく観れて、何より家族愛がある作品なのでファミリー向けの映画でもあります。

作品のおすすめの場面

1番は歌っている銅像です。
ハモリが上手で、陽気に歌っているところが良いですね。
ジムとの、会話での返しが歌というのも何とも言えない楽しさです。


the haunted mansion (2003) - singing busts appear, grim grinning ghosts

そして、ジムと息子のマイケルが蜘蛛を退治するシーンがあるのですが、マイケルがちょっとセクシーな雑誌で蜘蛛を叩くところが面白いです。
全国の蜘蛛嫌いさん必見です、蜘蛛はセクシーな雑誌で追い払いましょう。

さらに、画面に迫ってくるゴーストに何度かびっくりさせられたり、数々の試練を乗り越えた家族達のホラーコメディ映画とは思えないラストの感動シーンは見逃せません。

アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー (字幕版)

1991年製作の、ホラーコメディー映画。 1993年に「アダムス・ファミリー2」も公開。
2019年10月にはアメリカで(日本は不明)アニメ版が公開が予定されているほど、広く長く愛されている映画です。

あらすじ

とある街に、一軒の不気味な巨大屋敷があった。
住人のアダムズ一家は当主・ゴメズを始め、魔女の血を引くモーティシア夫人、ウェンズデーとパグズリーの姉弟、夫人の祖母・グラニー、使用人のラーチそして手だけしかないハンドの7人暮らし。
傍から見れば不気味で暗く陰鬱な雰囲気漂う一家だが、これが日常であり常識。膨大な資産を持つ彼らは何不自由なく幸せに暮らしていた。
だがゴメズは、25年前に失踪したアダムス家の長男である兄・フェスターの行方を一人案じ続けていた。 引用Wikipedia

クレイジーな家族

とにかくホラーでクレイジーな家族の話です。
映像にゴシックさがあり不気味な雰囲気が充満していたり、話が終始単調であるため先が読みやすく楽しめる作品です。

屋敷の住人で、ハンド(手首から下の幽霊?)という人がいるのですが、指先を使って走ったり階段を登ったりと、本当に可愛いです!
そして、知的なハンドはとても頼もしく大活躍する場面も多いです。(1の方が大活躍してくれます) 呼び鈴が鳴ると玄関までお迎えに行ってあげたり、ゴメズとチェスをしたり、ゴルフボールを持ちピンになってもくれます!

ウェンズディが、パグズリーに電気椅子ごっこと言い楽しそうに電流を流すところや、学芸会で血しぶきを噴射し、客席をびしょ濡れにするところも見どころです。

そして、クレイジーさの中にもしっかりとゴメズとモーティシアの夫婦愛や、家族愛が感じられる良い映画だと思います。
不思議ですが、こういうのも理想の家族にはいるのではないでしょうか。

全てが丁寧

90年代の古い映画ですが、CGや映像も綺麗でBGMも吸い込まれそうな、独特感があります。
主題歌も出だしから「おっ」と楽しませてくれるような音楽になっています。
とくに、出だしは脳内再生決定しますよ!


The Addams Family (1991) Suite  

ゴメスたちの衣装や、屋敷の内装も丁寧に細部まで作りこまれておりより観る人を楽しませてくれるでしょう。

2作のジャンルはあまりない

今回ご紹介したホラーコメディー要素が入った映画はあまりないでしょう。
どちらも、ひやっとしたり面白いシーンが半分ずつ組み込まれており、家族愛にも溢れています。
ファミリーやカップルでもし雨ですることがなければ観賞してください。
それでは、このへんで!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村